2017年01月01日

[report]キャベツ鍋で血圧が200mmHGから130mmHGにまで下がった

胃腸への負担がほとんどなくリバウンドの心配もなし

私が脳梗塞で倒れたのは、今から10年前、60歳のときのことです。
緊急外来で血圧を測ったところ、最大血圧が200mmHG以上もあったのです。基準値が140mmHG以下ですから大幅にオーバーしています。

当時は喫煙もし、揚げ物も大好きでしたが、さすがに、生活を改めました。そして、健康情報を集めて、自分でできることを試して、ブログ(で毎日の食生活を発信するようになりました。

キャベツ鍋も、その1つでした。私は降圧剤も、脳梗塞の再発を防ぐための血液をサラサラにする抗血小板剤も飲んでいました。
加えて、心臓の病気もあるので、抗凝固剤も飲んでいたのです。これだけ薬を飲んでいると、胃腸に負担がかかってしまいます。調べた結果、胃腸を守るには、キャベツがいいということになりました。
豊富なビタミンで胃腸を強くするキャベツ | 食材のプロフィール
キャベツには、胃腸にいいビタミンUやビタミンCが含まれているからです。それで、キャベツを鍋に入れて、食べるようにしたのです。

11人分のキャベツの分量は、4分の1玉程度です。それに、季節の野菜やシメジ、エノキなどを加えます。これをコンプだしで煮るだけです。減塩のため、塩やタレなどの調味料は使いません。これらの具はポン酢でいただき、鍋のスープもきれいに飲むようにしています。

ほかに、たんばく質が足りないときは、鍋に卵を落としたり、豆腐や青魚を入れたりすることもあります。また、夕食時に、白米など糖質は食べません。朝は、ヨーグルトにクルミとバナナを混ぜたもの。昼は、玄米を主に食べています。

キャベツ鍋を始める前の、体重が76.2kgありました。この肥満が、体の負担になっていたのは間違いありません。
それが毎晩キャベツ鍋を食べ続けたところ、半年で66.6kgまでやせたのです。22.5%あった体脂肪率は20.1% になり、BMI(体重÷身長(m)÷身長(m)で求められる体重指数。も、27.0→23.0%にまで下がりました。

加えて、我が家の体重計では内臓脂肪も数値化でき、「過剰」だったのが、「標準」に近づき、メタボを解消できたのです。2年ほどかけて、ゆっくりやせたので、体に負担がかからず、リバウンドもありません。

薬も1種類減らすことができた


無理なくやせられただけでなく、血圧にもいい影響が出ました。以前は、降圧剤を飲んでも、血圧がなかなか下がらずに悩んでいたのです。もちろん倒れたときのように、最大血圧で200mmHGまではありませんが、ときには160mmHGくらいになることもありました。

それが、キャベツ鍋でやせて、血圧もかなり下がったのです。現在、最大血圧が130mmHG台、最小血圧が70mmHG台で落ち着いています。今も薬は飲んでいますが、おかげで薬の種類を1つへらせたのです。

ただ、やせたことで筋肉量が多少落ちました。ですから、現在は毎日スクワットをしたり、週に1回、仲問とウォーキングをしたり、月に1回は奥多摩などに出かけて、10〜15kgほど歩いたりしています。

友人とウォーキングした晩は、飲み会があります。もちろん、揚げ物などを食べるのは控えていますが、お酒は焼酎を適量飲む程度。飲み会はストレス解消になるので、少し食べすぎたり飲みすぎたりしても、ほかの日で調整しています。

こうして毎晩のキャベツ鍋と運動を組み合わせれば、降圧剤をやめられる日もそう遠くないかもしれません。薬をやめても、現在の血圧を維持するのが、次の目標です。

薬をやめて高かった血圧を維持するなら発酵トマトがおすすめです。
130〜160mmHGと安定しない血圧が発酵トマトで下がり安定しのとおりです。

キャベツ鍋に組み合わせて使えば頑固な高血圧も正常値に戻すことができるでしょう。


posted by Blood pressure at 11:46 | Comment(0) | 食材
2016年11月09日

[report]キクイモを食べるようにして食習慣も野菜中心にしたら血圧は70mmHG、血糖値は130mmHG下がった

キクイモを食べ始めて25日目で薬が不要に

キクイモを高血圧や高血糖の改善の一助にしようとすると、やはり最も手軽なのは成分を抽出した健康食品になります。おすすめはキクイモ粉です。キクイモの成分がぎゅっと凝縮されているだけでなく料理に用いるのも簡単です。お茶にして飲んだり、みそ汁に入れて飲んだり…工夫すればいいくらでも活用方法がでてくるでしょう。
キクイモはこちらです。

実際にキクイモで血糖値と血圧がさがった私の感想です。
私の場合、2年半前の春、糖尿病と診断されました。最初は夜中にのどが渇き、頻繁にトイレに起きるようになりました。半年後には体重が20kg近くも減り、病院では血糖値が388mg/dl、ヘモグロビンA1Cは16.2%という重い糖尿病といわれました。

入院し、食事量をl 日当たり1600kcalはに制限し、食事は野菜を中心にして血糖降下剤を服用するようになりました。
入院中して1過問が過ぎたころ、妻の姉が、キクイモの食品を持ってお見舞いに釆てくれました。糖尿病の改善に役立つと問き、毎食後にとるようになったら、入院時は約200mg/dlだった血糖値が下がりはじめたのです。
入院中に血糖降下剤などと併用しても大丈夫と言われ安心して食べることができました。
私は、キクイモの粉をお湯でといて1日に3回ほど飲みました。
血糖値がさがればいいなぁ〜と思い少し濃い目につくったのがよかったのでしょうか?

飲みはじめて3週間後には、血糖降下剤の服用が中止され俄然やる気になりました。その後も私の血糖値は下がりつづけ、3ヶ月後には70mg/dlまで改善していました。

「キクイモをとるようになって4ヶ月がたつころには、食後血糖値は93mm/dl食後2時問後の血糖値は129mg/dlヘモグロビンA1Cも5.7% まで改善し、主治医からも褒められました。おまけに、200mmHGもあった最大血圧(も、130mmHG台まで下がり安定しています。

血糖降下剤との併用を条件にキクイモを飲み始めたのですが、これで血糖降下剤をやめて血糖が安定していればいいなぁ〜と思っています。1に運動、2に食事、3、4がなくて5にキクイモでがんばっています。
posted by Blood pressure at 18:56 | Comment(0) | 食材
2016年10月22日

血圧を下げるには便秘体質を変える食物繊維豊富な酵素入り青汁「リッチグリーン」

腸内環境を整えて便秘を解消

便秘体質の改善には、食物繊維が多く含まれる食品をとることも大切です。便秘と血圧は無関係のように思われますが、とても密接に関連しています。

食物繊維には、便のかさを増やす性質があり、腸の蠕動運動を促して便秘の解消に役立つからです。そのうえ食物繊維には、高血圧の重大な原因となる腸内の余分な脂肪や糖、塩分のほか、便の異常発酵で生じるインドール、スカトールなどの毒素を吸着して体外に排出する働きも期待できます。便で余分な水分も排泄されるので血圧が安定します。

食物繊維は、野菜や海藻に多く含まれているので、便秘解消のためにも毎日の食事でしっかり摂取してほしいと思います。

とりわけ、高血圧の改善を目的とするなら、食物繊維に加えて降庄効果の大きい栄養が多く含まれる食品を積極的にとるといいでしょう。そこで、おすすめしたいのが「酵素入り青汁 リッチグリーン」です。

酵素入り青汁の原料である大麦若葉は、肥沃な土壌で栽培されたものでもちろん、農薬、化学肥料不使用です。毎日飲用するうえで、品質に満点の信頼が置ける大麦若葉です。栄養素も実に豊富で、大麦若葉とホウレン草を比べると、カルシウムは11倍、カリウムは18倍、マグネシウムは3.8鉄分4.8倍の含有量。
食物繊維はサツマイモの25倍も含まれています。

腸内環境がよくなれば、腸を若々しく保つ善玉菌が増えて悪玉菌が減り、便がスムーズに排泄されるようになるのです。

血圧を安定させる栄養分が豊富

酵素入り青汁「リッチグリーン」には、カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルがたっぶりと含まれています。これらのミネラルは、高めの血圧を安定させる降庄作用に優れています。
カリウムには、血圧上昇を招くナトリウムを体外に排出する作用があります。

次に、カルシウムを補うと、血管を収縮させる活性型ビタミンDの働きが抑えられ、血管がゆるむので血圧が下がります。

また、マグネシウムには、直接的に血管を弛緩させる作M用があるので、カルシウムをとった場合と同じように血圧を下げる効果があるのです。

青汁を飲むのなら血糖値が高い人なら食前に、血圧だけが問題なら食前でも食後でもいいでしょう。酵素入りということで脂肪分解の効果もありますので、お腹まわりなどが気になる人にもおすすめです。

一時、青汁がダイエットや美肌にいいということでブームが起きましたがやや臭みのある従来のしっかりとした野菜の栄養が含まれるのがリッチグリーンです。「飲みにくさ=効果の証」です。
タグ:青汁
posted by Blood pressure at 18:36 | Comment(0) | 食材
2016年10月13日

[レポート]発酵黒豆ドリンクでやっと血圧がさがり降圧剤も不要になった

母の頑固な便秘も改善しガス腹も解消

私は、もともと血圧が高く、かかりつけの医師から「もっとしっかりと血圧を管理するように」と注意を受けていました。両親の遺伝だと思い、あまり真剣に向き合っていませんでした。

あるとき、父がなくなった原因が脳梗塞であることを知り、「これはなんとかしなければ!」とやっと自覚しました。

自分としては高血圧を改善しようと、努力しているつもりでした。にもかかわらず、なかなか思うように数値が下がってくれなかったのです。

そんな私が、危機感を抱いたのは、近所の農協に置いてあった測定器で血流を測ったときです。私の血液はかなりドロドロの状態であることがわかり、「これでは、父のように脳梗塞になりかねない」と思いました。

血液をサラサラにする食品を真剣に探し始めたのは、そのときからです。そして、出合ったのが「発酵黒豆ドリンク」でした。

この健康飲料を、すぐに飲み始めました。朝一番に、カップに注いで飲んでいたところ、ありがたいことに、血圧が下がり始めたのです。

1月の検査では、最大血圧が157mmHGで、最小血圧が出帆Hgありました。それが、7月の検査では最大血圧が139/74mmHGと正常値になりました。さらに、9月には最大血圧が100mmHG、最小血圧が62mmHGという、ベストな数値に。医師からも降圧剤のブロプレスはやめていいと言われました。

発酵黒豆エキスを飲むようになつてから、体の新陳代謝がアップしたようで、以前に比べてよく汗をかくようになりました。それとともに、体重の増減もなくなりました。

以前の私は、食べ過ぎるとすぐに体重が増えていました。特に冬場は、例年は3kgも増加していたのです。それが、発酵黒豆ドリンクを飲むようになってからの冬は、全く体重が増えませんでした。

発酵黒豆ドリンクは、90歳になる母も飲んでいます。胃腸が弱い母は、以前は便秘と下痢を繰り返していましたが、これを飲むようにしたら、理想的な便が出るようになったと喜んでいます。

「ガスがたまっておなかが張って苦しくなることもなくなった」と、母は喜んでいます。これからも、親子で発酵黒豆ドリンクを愛飲するつもりです。
posted by Blood pressure at 08:29 | Comment(0) | 発酵黒豆
2016年09月23日

血流不足によって血圧が高くなる人は「金時しょうが」で解消する

漢方薬のほとんどに含まれる生姜の成分

屋外はうだるような暑さでも室内は冷房が効いているため、夏でも手足に強い冷えを感じている人が少なくありません。こうした夏冷えを訴える血流不足体質の改善には末梢血管を広げる体操でで全身の血流を促すとともに体の内側からも血流を促す工夫が必要です。

最近は、真夏の場合、冷房の効いた室内と屋外で温度差がひらきすぎて不調になる人も増えています。当然、冬期間は、気温が低下するので体が冷えます。夏、冬ともに体の中から温めるひとつの方法として生姜を使う方法がおすすめです。

夏は、冷たいビールや麦茶、かき氷、アイスクリームのほか、キュウリやナス、トマトなど体を冷やす夏野菜をとる機会が多くなります。いくら夏だからといつてこうした食品ばかりとっていては、どうしても血管が収縮し、血流不足に陥り血圧が上がりやすくなります。

血流アップ食の王様とも呼ばれか生姜を常食することで体内の温度を上げます。生姜を食べると体がポカポカしてくるのは、生姜には、末梢血管を広げて全身の血流を促す効果に優れた辛み成分のジンゲロールやショウガオールが豊富に含まれています。そのため、生姜は高血圧に効く生薬(漢方薬の材料として古くから珍重され、漢方薬の約7割に用いられているのです。

体温が上がり出す朝に食べる

生姜は1日に10グラム程度(親指大)を目安にとるのがおすすめです。人間の体は、起床直後から体温が上がりはじめるため朝食のときに生姜をとれば、体温の上昇に弾みがつき、血流アップ効果を最大限に得られるのです。

すりおろした生姜を湯に溶いて生姜湯にしたり、紅茶に加えて生姜紅茶にしたりして生姜をとれば、続けやすいでしょう。

こうした生姜の中でも有効成分が極めて多く、優れた薬効が期待できるとして特に注目されているのが、日本が独自に品種改良を重ねて誕生した「金時しょうが」です。金時しょうがは、切り口が濃い黄色の小ぶりの品種で、かじるとぴりっとした強烈な辛みが感じられます。

この辛みが功を奏すのか、実際に金時生姜を利用している人からは、手足の冷えの解消に伴って高血圧が改善し正常化した、という声が非常に多く聞かれます。

金時しょうがは、収穫量が少ないため現在は大変貴重な品種となっており、スーパーや青果店ではほとんど入手できません。そこで、生姜を選ぶさいは、なるべく小粒で切り口の黄色が濃いものを選ぶといいでしょう。また最近は、金時しょうがの栄養補助食品がいくつか市販されているので、それを利用するのもいい方法です。


posted by Blood pressure at 11:16 | Comment(0) | 食材