2014年12月09日

高血圧になる人

こってり・濃い味が好み

揚げ物や脂肪の多い肉料理、それにバターやマヨネーズなど、脂質の多いこってりとした食事を多くとると、血圧は上がりやすくなります。コレステロールが動脈硬化を促進し、高血圧を招くのです。
また、食塩の多い、味の濃い食事も要注意です。「みそ汁や煮物など、料理は濃い味つけにする」、「ラーメンの汁は全部飲む」、「つくだ煮やふりかけなどをごはんのおともにして食べる」などは、高血圧の人には御法度。こってり・濃い味は高血圧の大敵と覚えておきましょう。

肥満気味・運動不足

肥満気味の人は、高血圧になる可能性がとても高いといえます。というのも、心臓は収縮拡張作用によって体のすみずみまで血液を送らなければならないわけですが、肥満しているぶん、たくさんの血液を強い力で押し出さなければならないからです。また、肥満気味の人が多くもつ脂肪細胞は、レプチンという物質を分泌して交感神経を刺激し、血圧を上昇させてしまいます。また、運動嫌い、あるいは体を動かすのが好きではないという人は、肥満になりやすい傾向が強く、よって、高血圧にもなりやすいのです。

酒・たばこ

適度のアルコール摂取は血管を拡張させるので、血液の通りをよくするという効果があります。エネルギーの低いヘルシーなおつまみを肴に、適量を守っていただくなら問題ないかもしれません。
しかし、実際はどうかといえば、揚げ物や塩辛い物を肴に、適量以上をどんどん飲んでしまうというケースのほうが多いため、飲酒が高血圧につながる可能性は大変高いのです。「どうしても飲み過ぎてしまう」ようなら、思いきってきっぱりと禁酒したほうがよいかもしれません。
また、お酒以上に注意しなければいけないのがたばこです。たばこは体に有害な活性酸素を増やしたり、重要な栄養素でもあるビタミンC を壊して、動脈硬化を促進、ひいては高血圧を促進させることになります。できるだけ禁煙を心がけましょう。

ストレスをためやすい

ちょっとしたことでイライラしてしまう、せっかちで怒りやすいといった気の短いタイプの人は、比較的高血圧になりやすいといえます。
というのも、こうしたストレスの影響を受けると、交感神経が働いてカテコールアミンというホルモンが分泌され、全身の細動脈が収縮すると同時に、心拍数も増加して血圧が上昇してしまうのです。また、几帳面で生真面目、責任感が強くてがまん強い、完壁でないと気が済まないといったタイプも、ストレスをためやすい傾向があるので要注意。もともとの気性を変えることはなかなかできませんが、ストレスを解消してリラックスできる方法が見つかれば、状態は必ず改善されます。自分らしいストレス解消方法を探すことも、高血圧予防の重要な要素です。

女性は閉経後に注意する

女性は男性に比べて高血圧になりにくく、「第5次循環器疾患基礎調査」によれば、30代女性の高血圧患者数は、同年代の男性高血圧患者の約3分の1、40代では約半分となっています。これは、女性ホルモンであるエストロゲンが血管の老化を予防したり、水分やナトリウムの排泄を促す効果があるためで、エストロゲンは、動脈硬化や高血圧の促進を抑制してくれるのです。
しかし閉経によってエストロゲンの分泌が減少すると、当然のことながら高血圧を発症する可能性は高くなります。更年期にさしかかったならば、男性同様、高血圧に対する健康管理が必要です。
一方、女性の場合は閉経後と並んで、妊娠中に高血圧になる可能性も高いといわれています。妊娠中に高血圧と診断された場合、妊娠中毒症として扱われますが、妊娠中は食事にしろ運動にしろ、生活面で注意しなければならないことがさまざまありますから、医師の診断を受けて、適切な血圧管理を行うことが大切です。
posted by Blood pressure at 11:32 | Comment(0) | 血圧の基本情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: