2014年12月16日

血圧が高いときに積極的に摂りたい栄養

カリウム

カリウムには、ナトリウムの排泄を促進して血圧を下げる働きがあります。ですから、食塩の多い食品を摂取してナトリウムが過剰になったときは、カリウムをたくさん摂取することによって、血圧の上昇を抑えることができます。
逆にいえば、カリウムが不足すれば、ナトリウムが体内にたまって高血圧につながります。高血圧の改善には、積極的にカリウムを摂りましょう。

カルシウム

カリウムと並んで積極的にとることをおすすめしたいのが、カルシウムです。カルシウムはナトリウムの働きを打ち消す性質をもっており、カルシウムを豊富にとれば、それだけナトリウムを多く排泄することができます。また、カルシウムをたくさん摂取することが、動脈硬化の予防につながるというデ一夕もあります。高血圧、動脈硬化予防にカルシウムは不可欠です。

マグネシウム

カルシウムが高血圧を予防すると説明しましたが、有効なはずのカルシウムが、場合によっては血圧の上昇につながることもあります。そんなカルシウムの作用を押しとどめ、ちょうどよい具合に血圧をコントロールしてくれるのが、マグネシウムです。マグネシウムは、カルシウムに比べると摂取不足になりやすい栄養素なので、とくに注意して摂取するようにしましょう。

DHA・IPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)、IPA(イコサペンタエン酸)、どちらも不飽和脂肪酸の一種で、まぐろ、さば、いわし、さんまなどの青魚に多く含まれる栄養素です。
DHAは、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果が高く、IPAは血栓の生成を妨げる働きがあります。いずれも血液をサラサラにするのに欠かせない栄養素で、動脈硬化の改善に大変役立ちます。

ビタミンC

ビタミンCには、抗ストレスホルモンの合成を促進する働きがあるため、ストレスを抑えて血圧の上昇を防ぐ働きがあります。それに、コレステロールを酸化させて動脈硬化を促す活性酸素を取り除く働きもあり、生活習慣病の改善には欠くことのできない栄養素です。一方、ビタミンEには抗酸化力を強める働きがあるため、酸化による血管の老化を予防し、血管を若々しく保つ効果があります。また、ビタミンEはビタミンCの働を助ける役割も果たすので、両者を一緒にとれば、動脈硬化がいっそう改善され、高血圧にも大変効果的です。

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、野菜の色素や苦味、あくなどに含まれる非栄養素系機能物質をいい、代表的なものにイソフラボン、タウリン、アントシアニン、カテキンなどがあります。ファイトケミカルは抗酸化作用が強く、ビタミンや食物繊維などと並んで、動脈硬化の予防に大きな効果が期待されています。

代表的なファイトケミカル

  • サポニン…大豆・大豆加工品
  • イソフラボン…大豆・大豆加工品
  • ルチン…そば・アスパラガス
  • リコピン…とまと・にんじん
  • ピラジン…ほうれんそう、ピーマン
  • ケルセチン…たまねぎ・ブロッコリー
  • タンニン…れんこん・お茶
  • アントシアニン…ブルーベリー・いちご
  • エピカテキン…りんご
  • カテキン…緑茶・ウーロン茶
  • ナリンギン…グレープフルーツ・夏みかん
  • リルグナン…ごま
  • フコイダン…こんぶ・わかめ
  • カプサイシン…唐辛子
  • ルテイン…ほうれんそう・ブロッコリー
  • グルカン…しいたけ・まいたけ
  • フラパノン…グレープフルーツ・夏みかん
posted by Blood pressure at 12:10 | Comment(0) | 食材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: