2013年09月24日

タンニンの作用で血圧を下げる「柿」

柿は東洋原産で、日本にも原生種がいくつかあります。しかし、これは食用種ではなく、食用の柿は古い時代に大陸から伝えられたようです。
とにかく日本でもっとも古い果物のひとつであることは確か。甘柿と渋柿があり、甘柿の品種としては、富有、次郎、御所などの品種が有名です。現在、世界にー200種の柿があると言われます。古くから豊富な栄養を提供してきたと同時に多くの歌人、俳人にテーマを与えてきました。

栄養と効果

柿の栄養としてまず第一にあげられるのはビタミンCです。柿一つで1日の所要量を確保できるほどのビタミンCが含まれます。
また、果物としては珍しくビタミンAが含まれます。
柿の赤色は、ビタミンAの元であるカロチンなのです。
ただし、これは生の場合です。
干し柿になるとビタミンAは2.5倍になりますがビタミンCはほとんどなくなってしまいます。
高血圧に関しては、柿の渋みのもとであるカキシブタンニンが重要です。
カキシブタンニンには血圧を下げる作用があります。
ビタミンCが豊富なこともあり、柿を常食することは高血圧や動脈硬化の改善に役立ちます。

調理のポイント

選び方

赤みが強くヘタが緑色で鮮やかなものほど甘さがあります。

保存方法

柿は、長期間の保存が可能な果物です。特にもちはよくラップやビニール袋で密閉して冷蔵庫で保存すれば2〜3ヶ月以上、品質の低下なしに保存できます。

渋みを抜く

一般の店で渋柿が売られていることはないので心配はいりません。
しかし、甘柿でも渋みが強い場合、渋抜きが必要です。家庭できる渋抜きの方法としては、湯や焼酎につけるのがおなじみですが、どうsても味に変化がでてしまいます。
そこでおすすめなのがりんごの活用です。
りんご1個と柿数個を小さな穴をいくつか開けたビニール袋に入れておきます。1週間もするとりんごのエチレンが柿の渋みを抜いてくれしかも風味を損ねません。

高血圧に効く成分

  • ビタミンC…血中のコレステロールを減少させる
  • カルシウム…ストレスの抑制

タグ:
posted by Blood pressure at 10:48 | Comment(0) | 食材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: