2015年04月30日

血圧が高い人のための体にストレスにならないダイエット法

バランスよく食べる

各栄養素をバランスよ〈食べることがまず基本です。偏食をするとかえって空腹感を覚えます。できるだけ多種類の食品を少量ずつとるのがコツです。

よく噛んでゆっくり食べる

同じ食べ物でも、ゆっくりよくかんで食べると、意外に少量でも満腹感を覚えます。いまから100年以上も前の話ですが、アメリカのフレッチャーという人が、1000回以上かんで食べれば結核にかからないと言い出して、これが世界的に流行したことがあります。このフレッチャーが言ったように、よくかんで時間をかけて食べると、確かに食べ物の量が少ないわりには満腹感を覚えます。これは、胃の内容がふえてから、満腹感を覚えるには、ある程度時間がかかるからなのです。この時聞かせぎのためにゆっくり食事をするのがポイントです。この意味では早飯は損です。食事の途中で、電話や来客のために食事を中断すると食べ直そうとしてもしてもあまり食べられないものです。これも同じ理由です。ですから、時には時間に追われていても一人で食事をしているとどうしても満足感が得られません。
家族で食べる、話題に花をさかせて食べるのがいいでしょう。また同じ熱量のご飯でも、量を多くすると満足感が得られます。

みため目の量を多くするのもひとつの方法ですがこの例が雑炊やおかゆです。水分をたっぶり含んで2倍にも量が増すはずです。しかしこの逆をいくと失敗します。

たとえば餅ですが、茶わんに2つ分の1杯のご飯を摘き固めて水分を除いてしまうと、4×3×1cmの餅ができ上がるのですが、同じ熱量でありながら、これでは満足できるはずがありません。
あとはなんと言ってもカリウムを摂ることを習慣化することです。
posted by Blood pressure at 12:12 | Comment(0) | 高血圧に関連する情報
2014年02月12日

血圧が高い人は便秘に注意する

血圧が高い場合、日々の食生活で注意しながら減塩を行ったり野菜・果物といった食物繊維、ミネラルを十分にとる食習慣がとても重要ですが、生活の中で注意することもいくつかあります。

その中で今日は「便秘」についてです。

便秘は、高血圧を助長する原因のひとつだと言われます。血圧が高い方は治療のためにも便秘を改善することがとても重要です。
また、逆に高血圧で降圧剤を飲んでいる人の場合、降圧剤の副作用で便秘になってしまう場合もあります。
血圧を下げる薬の中でも降圧利尿剤は体内の水分を尿に排泄する作用がありますから水分不足になり、便が固まって便秘を起こしやすいのです。降圧利尿剤を使用中の人は、水分が不足しないようにしなければなりません。
高血圧の人にとって便秘がいちばん怖いのは脳卒中の引き金になることです。
トイレ内で排便のためにいきむのは腹圧をかけるために血圧をかなり引き上げます。ちょっといきんだけで最大血圧が60〜70mmHgぐらい上昇します。


便秘のせいで強くいきめば100mmHgぐらい簡単に上がってしまいます。
これえ脳の血管や心臓の血管に強い圧がかかり脳出血を起こす危険性が上がってしまうのです。

血圧が高い人であれば、血圧を下げるためにも毎日快便がとても重要になりますのでこういった食物繊維食品のイサゴールを別途購入して習慣化してしまうのもとても大切です。
いきまずに毎日快便を続けることが健康維持の重要なポイントとなります。
小さいことなどを気にしないでおおらかに生活することも大切です。
posted by Blood pressure at 14:07 | Comment(0) | 高血圧に関連する情報