2014年12月04日

高血圧を引き起こすメカニズム

血圧は「心拍出量×総末梢抵抗」

血圧とは、心臓から送られる血液が血管壁にかける圧力だと説明しましたが、ではいったい何が血圧を高くするのか、具体的に考えてみましょう。
血圧は、心臓が1分間に送り出す血液の量=「心拍出量」と、全身にはりめぐらされた末梢血管の抵抗=「総末梢抵抗」によって決まります。たとえば、運動をしたり緊張したりすると心臓がどきどきして、心拍数が増えます。このとき、心臓の収縮によって押し出される血液の畳も多くなるわけですから、おのずと血管にかかる圧力も高くなります。
一方、血液の通り道である血管の内腔が狭くなっていたり、血管壁がしなやかさを失ってボロボロになっていたりすると(これを「動脈硬化」という)、血液がスムーズに流れることができず、血液を送るための圧力が高くなることになります。こうした血管のもつ抵抗も、血圧を高くする要因のひとつだといえます。このほか、血液そのものの状態も血圧の昇降に大きな影響を与えます。サラサラした健康な血液であればスムーズに流れますが、ドロドロした粘り気の強い血液だと大きな圧力をかけなくてはならず、血圧の上昇を招くことになります。

血圧を自動調整する自律神経

運動したり緊張したりすると、心拍数が増えて血圧も上昇すると述べましたが、これは交感神経が活発に働くことによって、心臓が血液を送り出す働きが高まるためです。体がたくさんの酸素を必要としていることを察知した交感神経が、心拍数を増やすことによって血液の流量を増やし、各器官に十分な酸素を送るよう働いたわけです。
これに対し、リラックスしたり眠ったりしているときには、副交感神経が働くことによって心拍数が減り、血圧は低くなります。こうした交感神経、副交感神経を自律神経といい、私たちの意思とは無関係に働いて、体が正常に機能するよう血圧をコントロールしてくれています。
自律神経を安定させるためにはこのような生活習慣が重要となります。

自律神経とホルモン

これらの自律神経が作用するとき、体内ではホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。たとえば交感神経が活発に働くと、副腎(腎臓の上にある臓器) からアドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモン(カテコールアミン) がたくさん分泌され、血圧が上昇します。また、脳下垂体から分泌される抗利尿ホルモンのパゾプレッシンや腎臓から分泌されるレニンなども血圧の上昇に関わるホルモンです。
このように血圧の高い、低いはホルモンの分泌によっても大きく左右されます。ですから、これらのホルモンを分泌する器官がうまく働かなくなると、血圧の調整も正常に機能しなくなります。なかでも、ホルモンを分泌するだけでなく、血液中の老廃物や血圧の上昇を招くナトリウムの排出にたずさわる腎臓は、血圧コントロールかなめの要ともいえる重要な器官です。

塩分の過剰摂取も血圧を上げる要因に

一般的に、食塩をとり過ぎると高血圧になるといわれますが、これは食塩の主成分であるナトリウムが、次のような作用をおよほすからです。
  1. ナトリウムによって血管の筋肉が収縮し、そのために血管の内腔が狭められる
  2. ナトリウムには血液中の水分を増やす働きがある。水分増加に伴って血液量が増加するため、より多くの圧力が必要になる
食塩を過剰摂取するとこのふたつの要素が働いて、血圧の上昇を招くものと考えられています。こうした食塩に対する感受性には遺伝による影響もあるために個人差がありますが、高血圧と診断された場合は減塩を心がけなければいけません。
posted by Blood pressure at 11:01 | Comment(0) | 血圧の基本情報
2014年12月03日

高血圧とは?

まず血圧とは何なのかについて、考えてみたいと思います。血圧とは、一言でいえば、「心臓から流れ出る血液が血管壁にかける圧力」のことです。
心臓は、収縮と拡張をくり返す「ポンプ作用」によって、全身に血液を送り出す働きをしています。心臓がギュットと圧縮することによって全身に血液を送られ、全身を循環した血液が肺を経て心臓に戻ってくると、心臓は再び拡張します。

この心臓の動きは、当然のことながら決して止まることなく、年中無休で行われます。つまり、血液は絶え間なく心臓から押し出され、血管はその血液の圧力をつねに受け止めていることになります。しかもその圧力は、1.6〜1.8mの高さまで水を吹き上げる水圧にも匹敵するといわれるほどですから、内腔の直径が2.5cmほどの大動脈にかかる圧力がいかに強いものであるかは、想像にかたくありません。

血圧が高くなる、すなわち高血圧になるということは、ただでさえ大きな圧力を引き受けている血管に、さらなる負担をかけさせることになる、というわけです。

心臓のポンプ作用について…心臓は左心室、左心房、右心室、右心房の4つの小部屋に分かれていますが、この4 つのうち、動脈に血液を送り出す働きをしているのが左心室です。つまり、心臓が収縮するというのはこの左心室が収縮することで、収縮した左心室は、血液を大動脈へと送り出します。このときの血圧はもっとも高く、これを収縮期血圧(最大血圧)といい、いわゆる「上の血圧」がこれに当たります。

一方、左心室の収縮が終わって血液の送り出しが止まると、左心房から左心室へと血液が流れて心臓は拡張し、と同時に大動脈に流れ込んだ血液が、全身にめぐらされている末梢血管へと送られます。このときの血圧はもっとも低く、これを拡張期血圧(最小血圧)といい、上の血圧に対して「下の血圧」と呼ばれているものです。

では、血圧が高いというのはどの程度の数値をさすのでしょうか。それを示したのが、以下の表(日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン」) です。「至適血圧」は最適の血圧、「正常血圧」は理想よりもやや高めをあらわしますが、ガイドラインの数値はあくまでも目安です。基準値内であったり、正常であっても高めの場合は油断せず、十分な健康管理が必要です。
分類 収縮期血圧(最高血圧)  拡張期血圧(最低血圧)
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130〜139 または 85〜89
I度高血圧 140〜159 または 90〜99
II度高血圧 160〜179 または 100〜109
III度高血圧 ≧180 または ≧110
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 かつ <90

posted by Blood pressure at 13:42 | Comment(0) | 血圧の基本情報
2014年02月12日

血圧が高い人は便秘に注意する

血圧が高い場合、日々の食生活で注意しながら減塩を行ったり野菜・果物といった食物繊維、ミネラルを十分にとる食習慣がとても重要ですが、生活の中で注意することもいくつかあります。

その中で今日は「便秘」についてです。

便秘は、高血圧を助長する原因のひとつだと言われます。血圧が高い方は治療のためにも便秘を改善することがとても重要です。
また、逆に高血圧で降圧剤を飲んでいる人の場合、降圧剤の副作用で便秘になってしまう場合もあります。
血圧を下げる薬の中でも降圧利尿剤は体内の水分を尿に排泄する作用がありますから水分不足になり、便が固まって便秘を起こしやすいのです。降圧利尿剤を使用中の人は、水分が不足しないようにしなければなりません。
高血圧の人にとって便秘がいちばん怖いのは脳卒中の引き金になることです。
トイレ内で排便のためにいきむのは腹圧をかけるために血圧をかなり引き上げます。ちょっといきんだけで最大血圧が60〜70mmHgぐらい上昇します。


便秘のせいで強くいきめば100mmHgぐらい簡単に上がってしまいます。
これえ脳の血管や心臓の血管に強い圧がかかり脳出血を起こす危険性が上がってしまうのです。

血圧が高い人であれば、血圧を下げるためにも毎日快便がとても重要になりますのでこういった食物繊維食品のイサゴールを別途購入して習慣化してしまうのもとても大切です。
いきまずに毎日快便を続けることが健康維持の重要なポイントとなります。
小さいことなどを気にしないでおおらかに生活することも大切です。
posted by Blood pressure at 14:07 | Comment(0) | 高血圧に関連する情報
2013年10月01日

善玉菌を増やし腸の調子も整える「ヨーグルト」

ヨーグルトの起源は、非常に古く、中央アジアの遊牧民が、有史以前に滋養強壮剤として食べていたと言われます。古代エジプトでも薬や化粧品として活用されており、ギリシア、インドなど世界中にヨーグルトを珍重した記銀が残っています。
日本にも古くからあったのですが、一般的に知られたのは明治27年に商品として発売されてからです。近年は、健康食としての認知が高まり、年々消費量は増加しています。

栄養と効果

ヨーグルトの栄養素として最大の特色と言えるのは、やはり乳酸菌です。腸内で善玉の細菌として、腸の機能を整える作用をもつ乳酸菌は、、便秘や下痢を予防し、腸内での毒素発生を抑えることで大腸がんの予防にも効果があります。
そしてこの乳酸菌が体内でのコレステロールの吸収や合成を抑えている可能性が高いのです。
しかもヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウム同様に体内のナトリウムの排泄を促す作用があります。
しかもカルシウムの吸収を乳酸菌たんぱく質が助けるため、高血圧に対する効果は、相乗的に高まるのです。

ヨーグルトについて

title

加糖のヨーグルトは、肥満の原因になるので、無糖(プレーン)のものを選びます。
ヨーグルトは、時間がたっても開封しなければ簡単には腐敗しませんが味が落ちます。ただし一般には、容器の外からヨーグルトの様子は見えませんから、製造年月日をよく確認しましょう。開封してからうわずみが多めで変な臭いがしたら変質していると思って間違いありません。

うわずみについて

ヨーグルトのうわずみは「乳清」あるいは「ホエー」と呼ばれ「栄養価が高い成分です。捨てずによくまぜて食べるようにします。
スプーンなどの食器は清潔なものを使い、雑菌が入らないように注意します。加熱すると酸味が増すので最低限にします。

保存方法

時間が経過すると酸味が強まり、味が落ちます。開封後は早めに使い切るようにします。
必ず10度以下の温度で冷蔵します。
冷凍すると分離して味は著しく低下します。

高血圧に効く成分

  • カルシウム…高血圧を悪化させるストレスの抑制
  • ビタミンB1…神経の機能調節
タグ:ヨーグルト
posted by Blood pressure at 10:50 | Comment(0) | 食材
2013年09月28日

グロブリンが血管の弾力性をアップ「大豆」

中国を原産地とする大豆ですが、縄文時代にはすでに日本でも食料として利用されていました。肉を常食する習慣のない日本人にとって、各種のアミノ酸をバランスよく含む大豆は最良のタンパク源だったのです。
そのため、豆腐、納豆、ゆば、油揚げ、さらにみそ、しようゆなど、同じ素材とは思えないような加工品も多数作られました。最近では、高タンパク、良質な栄養源として低カロリーのヘルシーさから、海外の人気アーティストにも人気が高まっています。

栄養と効果

大豆のたんぱく質比率は30〜40%もあいr、人間に必要なアミノ酸を理想的な組成で含んでいます。これが「畑のチーズ」「畑の肉」と言われる理由です。
大豆の主なたんぱく質であるグロブリンには血管の弾力性を高め、血管にコレステロールを蓄積しない作用があります。
しかも20%前後含まれる脂質もリノール酸、リノレン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸で飽和脂肪酸はほとんど含まれません。
リノール酸は、血中のコレステロールを減少させる作用があり、高血圧や動脈硬化予防に効果があります。
また、ビタミンB1、B2、カルシウム、カリウム、リンを多く含み、カルシウム、カリウムは高血圧予防に大きな効果をを発揮します。

調理のポイント

選び方

大豆には成長の早い夏大豆と遅い秋大豆gあありますが日本では秋大豆が多く、旬は秋です。皮の表面にツヤがあり、ふっくらとしていて、皮が破れたものが少なく、形が丸く整っていることが品質の決め手です。虫食いの粒がないかもよく確認したほうがいいでしょう。

下ごしらえ

大豆をそのまま煮ると柔らかくなるまでに時間がかかりガス代、電気代が無駄になる上に味がよくないので一晩水につけて十分に水を含ませる必要があります。
水につけると、かさは2倍半になりゆでるとさらに3倍になります。煮豆の場合は、豆の量の3倍の水を入れ塩を少々加えます。一晩つけて、漬け汁を捨てずに火にかけてゆっくり煮ます。

保存方法

温度、湿度が高い場所では大豆は、水分を取り込み、劣化し、害虫を発生させる危険性もあります。風通しのよい低温の場所なら長期保存が可能です。

高血圧に効く成分

  • たんぱく質…体調を整える
  • カルシウム…ストレスを抑える
タグ:大豆
posted by Blood pressure at 10:41 | Comment(0) | 食材